解説あわら温泉の歴史~関西の奥座敷

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
福井県景勝地芦原(あわら)温泉の開湯は、明治16年(1883)。

その昔、あわら一帯は、葦の生い茂る低湿な沼地であり、作物も育たない地域であった。農地の灌漑工事を行っていたところ、温泉が湧き出したのが始まりと言われている。

翌年明治17年(1884)、数軒の温泉宿が開業して湯治客を泊めるようになった。各旅館は庭園美を競い、それに見合うような建築、露天風呂などを整えて風情ある温泉地を作りあげた。

明治44年(1911)に国鉄三国線、昭和3年(1928)に京福電鉄三国芦原線が開通したこともあり、温泉街として急速に発展した。

しかし、昭和23年(1948)の福井地震、昭和31年(1956)の芦原大火に遭遇し、温泉街は甚大な被害を受けた。

復興への努力の結果、都市計画を元に碁盤目上に区画された温泉街が作られ、近代的な旅館が建ち並び、現在では「関西の奥座敷」として人気を得ている。


TOPPAGE  TOP